FC2ブログ

真・女神転生 STRANGE JOURNEY プレイ中

昨日、さわりだけ感想を書きました真・女神転生 STRANGE JOURNEY、
今回は移動や戦闘でのシステム廻りについての紹介と感想を。

TS2A0104.jpg

移動方法はいつもの3Dダンジョンです。
このように上画面はダンジョン、下画面ではオートマッピング及び現在位置と
なっておりまして、この辺の表示方式は、同メーカーがリリースしている
世界樹の迷宮シリーズからの踏襲ですね。

この下画面の存在が非常に大きいんですよ。というのも従来の3Dダンジョンゲーは
ちょっと進んでMAPを開いて確認したりで操作がわずらわしかったり、
普段はダンジョン画面しか出ないので迷うわで、2Dダンジョンゲーと比べて
非常にとっつきづらいものとされてきました。
ところがDSになって2画面となった事で、いちいちMAPを開く手間が省ける、
常時自分の位置を確認しながら歩けるので迷わない、
3Dが苦手な人でも下画面を見ていれば2D感覚で遊べる。まさに一石三鳥なわけです。


TS2A0106.jpg

戦闘画面でのインターフェースも秀逸。解析完了済みの敵ならば、
下画面で敵の耐性及び所持特技を確認しながら戦う事が出来ます。
(L,Rで味方のステータスに切り替え)
戦闘では属性相性が何より重要なこのゲーム、
敵の相性を常時確認できるのは非常に嬉しい配慮です。

上記の二つはまさにDSならではの利点ですね。
ユーザーに操作によるストレスを極力感じさせまいとするこの姿勢は
本当に素晴らしいものがあります。(今までのメガテンが不親切すぎたのか?)
個人的にはDSのRPGの中でもトップクラスのシステム廻りと言っても良いと思います。
スポンサーサイト



来場者数
プロフィール

katu

Author:katu
ゲーム、漫画、プロレス等の
話題が中心になるかと。

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク