スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わりと絵心のない僕がわりと本格的絵心教室を触ってみる(後編)

TS2A0182.jpg

わりと本格的絵心教室、今回は後期のレッスンを紹介します。

前期のレッスンが6つあったのに対し、今回は4つ。
とはいっても今回は最初からミニレッスンがありますので、
特にボリューム不足という感じはありません。
むしろ前期修了前提でレッスンが進んでいくので、
描き込みの量としては逆に増えるのかな。

まずはレッスン1。黄色いユリの花を描きます。
TS2A0174.jpg
最初に鉛筆で下書きをした後、背景、花の順に塗る。
前期レッスンでは、絵の具の色はあらかじめ用意されていましたが、
今回からは、自分で色を混ぜて目当ての色を作る作業が追加されます。
HNI_0024.jpg

レッスン1のミニレッスンは白と赤の斑のユリ。
TS2A0175.jpg
ミニレッスンは基本的にガイドが無いので混ぜる色も自分で考えねばなりません。
しかも使う色増えてるし。鬼畜かこのジジイ。
HNI_0023.jpg
何度も手直ししながら何となくそれっぽい感じに仕上げる。


レッスン2。今度は鉛筆画。
ビンス爺の子犬、ベーコンを描きます。
つうかその名前、コレから取ったんだろうけど、犬に食肉製品の名前付けるってどうなのよ。
TS2A0176.jpg
手順としては前期の洋ナシとほぼ同じですが生き物な分
形がちょっと複雑。
HNI_0022.jpg

ミニレッスンは子猫です。名前はビッグフットだそうです。(;´Д`)
美術絡みじゃないのかよ。
TS2A0177.jpg
これも手順は同じ。顔の斑模様の描き方がよくわからない。
HNI_0021.jpg


レッスン3。水面を泳ぐ白鳥。
TS2A0178.jpg
陰影をつけながらラフに塗っていく。
HNI_0020.jpg
いつ清書するのかと思ったらいきなりレッスン終わってビックリした。
こういう感じの描き方もあるらしい。

ミニレッスンはなんとかガン。なんか茶色系の色がいっぱい。
TS2A0179.jpg
水面はやっぱり難しいなぁ。
鳥自体の塗り分けは見た目より難しくない。
HNI_0019.jpg


そして最終レッスン、レッスン4
風景画ですね。田園っぽいの。
TS2A0180.jpg
大まかに分けて全体を塗ってその後細かい物を描いていく。
HNI_0018.jpg

最後のミニレッスン。また水か。
TS2A0181.jpg
下書きでポジションを決めてから適当に重ね塗る。
HNI_0017.jpg
うん。川や崖に見えない。困ったもんだ。

以上全てのレッスンが修了。
やっぱ難しいわぁ全体的に。
色を自分で混ぜるようになってわかった事。パレットがちょっと足りないかも。
手直しなくある程度一発で行ける場合はいいのですが、
私のような頻繁に手直しをするヘタッピだと、
補修用の色だけであっという間にパレット埋まっちゃう感があります。

まぁレッスンだけでは何なので、
今までに覚えたのかどうなのかよく分からない技術を駆使して
ν速公認フリー素材から一枚描いてみる。

結果
HNI_0016.jpg

えー、まぁ、これはあくまで
絵心教室であって絵画教室では無いという事で・・・


みんなもこれをきっかけに絵心に目覚めたらちゃんと勉強しようね!
スポンサーサイト
来場者数
プロフィール

katu

Author:katu
ゲーム、漫画、プロレス等の
話題が中心になるかと。

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。