FC2ブログ

わりと絵心のない僕がわりと本格的絵心教室を触ってみる(前編)

TS2A0154.jpg
という事でDLしましたわりと本格的絵心教室(前期)
海外で既にDSiウェアでリリースされている、
Art Academyというソフトの日本語ローカライズ版だそうです。

これ、どういうソフトかといいますと、
下画面をキャンバスに見立てた、鉛筆、水彩画ツール
とでもいいましょうか。以下の動画を見てもらえれば
どんな感じか判ると思います。


これだけ見ると、非常に敷居が高そうなイメージを
持たれるかもしれませんが、
このソフト、絵心教室の名を冠する通り、
ビンス爺が絵画のイロハから教えてくれる
懇切丁寧なレッスンモードも付いております。
使うツールは以下の3つ。
これらのツールは最初から全部使えるわけではなく、
レッスンの進み具合によって順次機能解放されていく形となっています。
TS2A0151.jpg TS2A0152.jpg TS2A0153.jpg


ということでレッスン1開始。
TS2A0156.jpg
最初は鉛筆画の基礎との事。
大きな○を描き、影やリンゴのヘタなんかを描いていきます。
そして出来上がったのがこちら。
HNI_0001.jpg
…我ながらこの先不安になってきます。


気を取り直してレッスン2
TS2A0157.jpg
この項では絵の具を使って海に映る夕日を描きます。
まず青い絵の具でバババッと水面を描き、同じようにバババと夕焼けを描きます。
その後黄色で太陽と水面に映る光を描いて完了。
HNI_0002.jpg


レッスン3。リンゴの木と草原。
TS2A0158.jpg
鉛筆で木の幹や枝葉を下書きした後ペタペタ色を付けていきます。
所々影を付けたり草花を描いて完成。
HNI_0003.jpg
少しは見られるようになってきた、かな?


レッスン4。今度は静物を鉛筆画で。まずは洋梨。
TS2A0159.jpg
ここから実写のモチーフが登場。グリッド表示も可能になりちょっとやりやすくなる。
大まかな輪郭を描いた後、鉛筆の濃さなどを変え、影を付けます。
そんなこんなで爆弾が完成。
HNI_0004.jpg

ここからミニレッスンというのが登場。最初に完成系を見せて
ある程度好き勝手にやってみろと爺に突き放される。
お題ははパプリカです。
TS2A0160.jpg
同じような手順でサッサッと描く。グリッド表示ほんと便利ね。
HNI_0005.jpg
『おれはパプリカを描いたと思ったらカボチャが出来ていた。』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが(略


レッスン5。今度は静物に色を付ける。
TS2A0161.jpg
鉛筆で下書きをした後、色をペタペタ。
影とか白い部分とかチマチマした部分が多い。ここでズーム機能のお世話に。
HNI_0006.jpg

今回のミニレッスンはリンゴと桃。
TS2A0162.jpg
ムズい。マジでムズい。無理ゲーだぞこんなん。
質感が違う物複数あるとこんな違うのか。
HNI_0007.jpg


そして前期ラスト。レッスン6
今度は風景画。波を描きます。
TS2A0163.jpg
これはさっきと比べると幾分ラクチン。
色を変えつつ波のラインに沿ってサッサッと描く。
最後に波しぶきとか微妙な光沢を整えて完成。
HNI_0008.jpg

最後のミニレッスンはヨットと海。これもムズい。
TS2A0164.jpg

海面の書き方とか細かい説明無いとわかんねえよ。
とりあえず写真とお手本を見比べつつ出来る範囲で模写。グリッド万歳。
HNI_0009.jpg


以上駆け足で前期レッスンを紹介したわけですが、
いやー久しぶりにこういうソフトで遊ぶのは楽しいですね。
レッスンのお題の出し方も割と巧妙。
最初は粗いモチーフ。進むにつれて緻密な物や絵画っぽいモチーフを出して
完成した絵を最初から並べると自分がすげー絵が上手くなった様な気にさせるような。
アンドゥ機能が無い事や、ドット単位での修正が難しい事等、細かい点で不満は残るものの
鉛筆から水彩まで色々出来る多機能ぶりは大した物です。
フリーモードを選べばDSで撮った写真なんかをモチーフに自由に描く事も出来るので、
そこそこ絵が描ける人でも満足の出来では無いでしょうか。
前期だけなら800円と値段もお手頃。オススメです。


そして調子に乗りつつ後期もポチってしまうワタシ。
TS2A0165.jpg

次回ガチンコ絵画クラブ後編!
風雲急を告げる絵心教室。果たして上級編の内容について行けるのか!?


__________|\
| | | |To BE CONTINUED... >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/

コメントの投稿

非公開コメント

DSのお絵描きソフトがすごいことになっているようですね。タッチペンとペイントソフトの相性はとてもいいでしょうから、画面が大きいLLになってさらに良くなる感じ。
しかしkatuさんの絵は再現率かなり高いっス。特に風景画あたり上手いですねー。写生が苦手な自分にはうらやましい限りです。

コメントありがとう。
実はこれ、実写のモチーフの他に爺さんが描いたお手本の絵もありまして、
それを見ながらグリッド表示やズームを駆使すれば
模写するつもりならわりと誰でもこの程度は描けてしまうという罠。
本当に絵を勉強するつもりならそれだけじゃ駄目なんでしょうけどねえw
ある物はついつい使ってしまう性分なので技術そのものは案外身に付いていなかったり。
フリーで自由に描けるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

わお、すごーい!!
私なんて爺さんの絵を写しても上手く描けないですw

根気でやるしかないですかねえ。

> アイス様
コメントありがとうございます。
後半ほとんど写真より爺の絵とグリッドしか見てませんでしたw
機械的に模写してただけなんで褒められると何か恥ずかしいですw
ホントは写真見て自分で考えて光とか影とか付けなきゃ
上手くならないんだろうなと反省する事しきりでございます。

ブログ拝見しました。
アイスさん上手いじゃないですかw
フリーで思った物を描けるという時点で私にとっては尊敬の的ですよ。
私も頑張らねば。
来場者数
プロフィール

katu

Author:katu
ゲーム、漫画、プロレス等の
話題が中心になるかと。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク